松崎史也の、たくさん更新したり、全然更新しなかったりするブログです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
からだのこと
 僕は、18歳の頃から舞台俳優をやっていて、
(自分的なキャリアは22歳からなんだけど、まあそれはいいとして)
役者としてはまあ、鳴かず飛ばずではあったが、
入った劇団(=Afro13)が体力と運動能力を酷使する劇団だったこともあり、
それなりにずっと体は鍛えていた。

僕は子供の頃、運動がひどく苦手で、
体育の成績は、基本、2だった。

それはそれは、なかなかにコンプレックスだった。
モテないからね、運動できないと。

でも、当たり前だが、
同世代の人が体を動かすことがやめていく中で、
運動し続けているわけなので、
相対的に、運動能力はかなり高まっていたと思う。
あくまで相対的に、っす。

25歳くらいから僕を初めて見た人は、
あまり運動神経が悪かったことは気付いてなかったはず。
・・・多分。
というか、むしろ動けるヤツっぽく見えていたはず。
・・・多分。

それが、自慢、という程ではないけど、
努力の末にあることを自分が感じられていたので、
そういう自分の体が、好きだった。


が、


2ヶ月の入院で、すっかり体力が落ちていて、
入院中、徒歩5分くらいのコンビニに行ったら、
足がガクガクふるえてて、次の日ふくらはぎが筋肉痛だった。

退院して、2階の自宅に上がったら、激しく息切れした。

下半身はずっとベッド生活だから仕方ないけど、
上半身は日常生活と同じくらい使ってるからなー、
と思っていたが、
実家で、大根おろしをすったら、
次の日腕が筋肉痛になった。

なんじゃこりゃ。


マジか。


10年かけて積んできたのに。
奪うか。


と、いうことを、見舞いに来てくれた先輩に愚痴った。
「精神的には大分復活しましたけど、退院しても前みたく動けるようにならないのが悔しいっす。」と。
したら先輩は、

「えー、それは関係ないでしょ。あきらめたら動く体も動かなくなるよ。
 私は、あきらめずにまた動けるようになった人を知ってるよ。」

と、リハビリの末、元の動きを取り戻した人や、
医者に絶対無理だと言われてた半身不随の人が、自分で考えた、
鏡を使った訓練をして、動かなかった左手が動くようになった人の話などをしてくれた。

「努力の尊さを知ってるなら、努力することを放棄しちゃダメじゃない?」

と、言われた。

恥ずかしかった。
自分自身が、がんを言い訳にしていたからだ。

「僕はがんになったせいで、動ける体を失った。」

と、思おうとしていたのだ。
カッコ悪い。

「あ・・・あれがガンで4ヶ月も入院していた男の動きだと!?バカな!」

これだろ。カッコいいのは。
高橋大輔なのは。

その日、早速病院のベッドで腕立て伏せをしてみた。
14回だった。なかなかに情けない数字だ。

が、翌々日、20回できた。
腹筋やら背筋やら、階段の昇り降りやら、してる。
病院でジャージ(寝る用)からジャージ(運動用)に着替えて。
iPodまで装着して。

やっぱり、凄く気持ちよかった。
柔軟して、筋肉を使って、またほぐして。
体に手入れしていく感覚。
10年続けてきた感覚だ。

もちろん、病人だから、無理はしない。
疲れたら、やめるし、眠くなったら、寝る。
だけど、僕は、こういう生き方を取りたい。

フミヤ
21:33 闘病記 comments(3) trackbacks(0)
スポンサーサイト
21:33 - - -
comment
毎日更新してくださって嬉しいです。

ずっと積み重ねてきたものが急になくなってしまうなんて、涙が出る程悔しいと思います。
それでもあきらめないで努力し続ける生き方を選ばれたフミヤさんはカッコいいです。
高橋大輔なフミヤさん、楽しみにしています!
From. あやな at.2011/05/13 02:28
私は体育会系育ちですが(笑)、やはり手術した後、かなり体力なく…同じく近くのコンビニ行くのに倍以上の時間かかりましたよ。
今は復活して以前と同じように運動できてます(年齢的なのは差し引いてですけどね)
無理せずにですが、お互い病気に負けないで、日々楽しみながら過ごしていきたいですね。

また…舞台に立つのを楽しみにしてます。
From. めぐみ at.2011/05/14 23:24
あやなさん>
あきらめないで努力し続ける生き方は僕もカッコイイと思うので、
し続ける、の部分が抜けないように、頑張ってカッコよく生きます。
ありがとうです。

めぐみさん>
おお。心強いですね。元通りという方の話を聞けると。
年齢的にたるみつつあった腹もこの際絞って、
入院してたはずなのに前よりいい体になってる、というのを目指します(笑)。
From. フミヤ at.2011/05/21 22:09









trackback
http://e-fumiya.jugem.jp/trackback/342
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PROFILE
CATEGORY
LINKS
NEW ENTRY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
SPONSORED LINK