松崎史也の、たくさん更新したり、全然更新しなかったりするブログです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
治療経過

3度目の抗がん剤投与が終わり、
吐き気の期間も抜けて、元気が戻りました。

抗がん剤中は、かなり気持ち悪く、
体が不調だと、やっぱり心もネガティブ方向に引っ張られるなあと
改めて感じました。

悟り、まだまだ遠し(当たり前)。

しかし、薬に関しては、
気持ち悪いとはいえ、
2008年〜2009年の治療時のように、
吐きまくるということはなくなり、聞くと、
この2年の間にも、かなり抗がん剤も副作用抑える薬も
進歩しているのだそうです。

というか、悪性リンパ腫自体、10年〜20年前くらいまでは、
不治の病とされていたそうですし、
医学の進歩というのは、凄いものだなあと思います。


で、そうこうしてるうちに、
窓際のベッドが空いたので、
看護婦さんにお願いしたら、移らせてくれました。

凄くいいです。窓際。
東京タワーとスカイツリーが見えるし、
朝・昼・晩と、外を見ていると、
1日1日を実感できるというか。


今回の抗がん剤投与(通常)はこれで終了で、
治療は残すところ、
最後の大勝負を残すのみ。

その最後の大勝負ってのが、
超大量の化学療法と自家幹細胞移植。

まず、自分の骨髄を健康な時に取り出し、保存する。
で、骨髄から何から、全て死んでしまうくらいの量の、
大量の化学療法(つまり抗がん剤)を投与する。
いい細胞もがん細胞も、まとめてやっつけたところで、
保存しといた骨髄を入れなおし、新たに血液を作る。

という治療法なんです。
この治療法も、2年前にはまだ認可が下りていなかったそうです。


最後の治療は、個室に移り、完全無菌の中で
行われる模様。
いやはや。超大量の抗がん剤、とか、移植、とか
怖すぎるけど(笑)、あとちょっと。

とりあえず、しばらくはのんびりとした日々が続くので、
本を読んだりDVD見たり、筋トレしたりして過ごします。

フミヤ

21:57 闘病記 comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
21:57 - - -
comment
辛い時期が終わってよかったです。

私も体調不良だと、どうしてもネガティブになりがちになります。
でもネガティブな時があってこそ、ポジティブにもなれるんじゃないかと
思うので、そういう時があってもいいかなと。
バランスが大事だと思います。

医学はまだまだ進化中なのですね。
不治の病じゃなくなって、心からよかったと思います。

最後の大勝負にそなえて、窓の外のステキングな景色を見ながら
ゆっくりマイペースに、イイ時間を過ごしてください。
From. あやな at.2011/05/23 14:29
一年半前にダーリンがホジキン病と診断され、聞いたこともない病名。ネットでいろいろ調べていたらフミヤさんのブログをみつけました。その時はただ拝見してただけですが。ダーリンはフミヤさんと同じ治療をうけ 寛解といわれ、7カ月がたちました。
再発はなく元気に仕事復帰しました。が心配の日々です。
今度は先月母が肝臓癌の末期で入院になり、私は毎日泣いている日々です。今日、 一年半ぶりになぜかフミヤさんを思い出し検索しちゃいました。再発してしまったんですね。ぜったい大丈夫!信じてます。
治療克服してまた日記かいてくださいね。
突然すみませんでした。
From. まゆ at.2011/06/17 00:47









trackback
http://e-fumiya.jugem.jp/trackback/344
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
CATEGORY
LINKS
NEW ENTRY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
SPONSORED LINK